ニキビ跡・傷跡とシミの関係

 シミの悩みというと紫外線とメラニン色素が原因と考えられます。
 しかし、一見シミとは接点も無さそうだと思えるニキビ跡と傷跡。シミになるリスクを高く含んでいる事を御存知でしょうか?
 まず、ニキビ跡。皮膚細胞を損傷して跡になった状態ですがこれは、傷跡と同じです。
 この状態を専門用語で瘢痕(はんこん)と呼びますが、瘢痕はそのままにしておくと皮膚を守ろうと、メラニン色素を生成し始めます。

 

 怪我をした後、かさぶたが剥がれて傷跡になり時間の経過と共に、傷跡が段々薄くなって肌に馴染み始めますが、これはメラニン色素の働きによって起こっています。
 瘢痕は主にピンクがかった新しい皮膚が出ている状態です。しかしこの生まれたてのピンクの肌は当然、抵抗力も弱く刺激に弱いです。
 それは紫外線においても例外ではないでしょう。この状態に紫外線が入り込む事によってメラニン色素は更に刺激を受け、シミへ繋がります。

 

ニキビや傷跡がシミに変化する恐怖

 ニキビは主に顔や背中に出るものですが、顔の場合はこれがシミに変貌してしまうと考えると悲惨でしかありません。
 顔にシミはあるだけ、実年齢より高く見えてしまいます。
 女性の方からすれば『実年齢よりも老けてる』と思われる程辛い事は無いものです。

 

 そうなると、ニキビ跡をシミにさせないようにする為には、どう対処する事が最善か? という疑問が生じてしまいますが、とても簡単な事です。
 まず、紫外線ケアを怠らない事が必須です。部位的にUVクリームを塗る事も良いでしょう。また、化粧下地に用いるものは1年を通してUVカットをしてくれるものを選んだ方が良いとも言えます。
 その他、部位的に美白化粧品や美容液を用いる事も改善策へ繋がります。
 また、根本的原因になりますが、『ニキビを作らない事』も基礎的なシミ対策になると言っても過言ではありませんね。

 

 

今日からはじめるシミ対策と美白ケアトップへ戻る